心の健康 心理学 感情 担当:mami

あなたは大丈夫?【病気になりやすい思考パターンの人の特徴】

更新日:

 

 

こんにちは!mamiです!

 

あなたは

病気になりやすい思考パターンが

あることを知っていますか?

 

思考と体はつながっているため

思考によって多くの病気は

作り出されています!

 

そこで今回は

病気になりやすい思考パターン

についてお伝えします!

 

感情のベースは2種類

 

生きていると

様々な感情が湧いてくると

思いますが

 

大きく分けると

①快

②不快

の2種類に分類されます!

 

 

①快とは

快とは

心地が良い感情であり

愛情ベースの感情です♡

 

生き延びる上で

安心・安全が保障され

「自分は愛されているんだ」

「愛される存在なんだ」

と感じられている状態です

 

そのため心が満たされ

体もリラックスしています!

 

 

②不快とは

不快とは

心地が悪い感情であり

恐れベースの感情です

 

生き延びる上で

不安・恐れがあり

「嫌われないようにしたり」

「愛されようと」

いつも必死な状態です

 

そのため

心が不安定であり

体が緊張しています

 

 

ベースによる思考パターン

愛情ベース

恐れベース

によって働きやすい思考のクセが

異なります!

 

 

愛情ベースの場合

愛情ベースの場合は

報酬系の思考パターン

働きやすくなります!

 

報酬系の思考パターンの場合

未来に向かって前向きに行動する

【目的思考型】

スイッチがオンになります!

 

 

すると

「自分が〇〇したいから」

「自分が〇〇を得たいから」

「自分は▲▲をする」

という思考パターンを

優先的に使うようになります!

 

 

愛情ベースであるため

■きっと上手く行くはず!

■自分ならできるはず!

■なんとかなるさ!

と未来や自分を信じて

行動することができるからです!

 

 

この思考パターンの特徴は

■行動の持続性がある

■自分軸で行動できる(内的要因)

■ストレスが少ない

などがあります!

 

 

恐れベースの場合

恐れベースの場合は

苦痛系の思考パターン

働きやすくなります!

 

苦痛系の思考パターンの場合

苦痛や危険を回避するために

【問題回避型】

スイッチがオンになります!

 

このスイッチがオンになると必然的に

【戦う】or【逃げる】

という極端な

どちらかのモードになります

 

 

すると

「苦痛なことを辞めたいから」

「危険を避けたいから」

「自分は〇〇しなければならない」

「自分が○○するべきだ」

という思考パターンを

優先的に使うようになります

 

 

恐れベースであるため

■疑い深くなったり

■失敗したらどうしよう…

■上手く行くはずがない

などと考えやすく挑戦よりも

リスク回避が優先事項になります!

 

 

この思考パターンの特徴は

■行動が瞬発的である

■他人軸に影響される(外的要因)

■ストレスが強い

などがあります!

 

これらのことから

愛情ベース(報酬系)

恐れベース(苦痛系)では

見えている世界が全く異なります!

 

そのため

愛情ベースのほうが

健康的に過ごしやすく

 

恐れベースのほうが

病気になりやすい

とされています!

 

 

ここで誤解してほしくないのは

どちらの思考パターンも

大切だということです!

 

 

あなたに何らかの危険が迫り

身を守るときには

恐れベース(苦痛系)が働き

【問題回避型】の思考パターンによって

【戦う】or【逃げる】という選択をし

瞬発的に力を発揮して

身を守るように仕向けてくれるからです!

 

ですが恐れベース(苦痛系)

日常的に使っていると

心と体が疲弊してしまうため

緊急時の使うことがオススメです☆

 

 

何によってベースは決まるのか?

ではこれら2つのベースは

何によって決まるのでしょうか?

 

この心のベースは

①幼少期に「愛されている」という感覚があるかどうか

によって決まるとされています

 

「愛されている」と感じられている人は

「愛情ベース」になりやすく

 

「愛されている」と感じられなかった人は

「恐れベース」になりやすいのです

 

 

ここで大切なのは

自分が感じたかどうかという

「主観」であるということです!

 

実際に親が愛したかどうかではなく

子供の主観によるものなのです

 

言い換えれば

親に愛されたかどうかではなく

自分で主観を変えることができれば

愛情ベースにすることができる

ということです!

 

 

また

②自分が使っている言葉

③脳のクセ

によっても働きやすい

心のベース(思考パターン)が変わります!

 

そのため言葉や脳のクセを

自分で変えていくことで

日常のベースを「愛情ベース」

変えていくことができます!

 

 

ということは!

 

あなたの努力次第でいくらでも

変えることができるということですね♪

 

 

チェック項目

あなたは何かを行動するとき

□「○○したい」

□「○○をやりたい」

という【Want】の気持ちで

行動していますか?

 

 

それとも

 

 

□「〇〇しなければ」

□「〇〇やらなきゃ」

という【Should】の気持ちで

何かを回避するためや

義務感に駆られて行動していますか?

 

 

また

□「○○しなきゃ」

□「〇〇やらなきゃダメだよね」

□「やりたくないけどやらなきゃ」

□「どうせ私がやるしかない」

□「誰もやってくれないし」

という言葉を使っていませんか?

 

 

 

これからは

何かを回避するための

【Should】からの行動を減らし

自分が「したい」と思う

【Want】からの行動にしていきましょう!

 

 

そして言葉も

□「○○したいからやろう!」

□「○○しよう~と!」

□「○○しちゃおう!」

□「○○してみよう!」

などに変えていきましょう♪

 

 

【例】言い換え

「買い物行かなきゃ!」

「買い物行こう~と!」

 

「ご飯作らなきゃ!」

「ご飯作っちゃおう♪」

 

「どうせ私がやるしかない」

「1人でやっちゃおう~と♪」

 

「誰もやってくれないし」

「誰かにお願いしてみよう~と♪」

 

 

たとえ同じ意味だったとしても

脳内に響く言霊の響きは

全然違います!

 

自分に義務を課すような声かけよりも

「○○しよう」という

声かけのほうが

報酬系に働きかけやすくなります!

 

 

少しずつ変えていくことが

オススメです☆

 

 

日常的な心のベースを

愛情ベースにして

心と体の健康を大切にしていきましょう♪

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は

病気になりやすい思考パターン

についてお伝えしました!

 

 

感情のベースは大きく分けると

①快

②不快

の2種類でしたね!

 

 

快とは

愛情ベースの感情

報酬系の思考パターンでしたね!

 

 

不快とは

恐れベースの感情であり

苦痛系の思考パターンでしたね!

 

どちらも大切な思考パターンですが

日常使いには

愛情ベースの報酬系

オススメでした!

 

 

この感情のベースは

「愛されている」

感じているかどうかという

「主観」によって決まり

 

自分の使っている言葉

脳のクセによっても

変えることができましたね!

 

そのため

普段使って言葉を

□「○○したいからやろう!」

□「○○しよう~と!」

□「○○しちゃおう!」

□「○○してみよう!」

などに変えていくことが

オススメでした☆

 

 

日常の感情のベースを

愛情ベースに変えていき

心と体の健康を保っていきましょう♪

 

この記事を読んで実践したあなたは

より心と体が健康になっていくはずです!

 

一緒に心身の健康を大切にしていきましょう♪

 

 

今日も最後まで

ありがとうございました♡

 

 

より多くの方に届くように

クリックして応援してもらえたら

嬉しいです♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


メンタルヘルスランキング


ストレスランキング

参加中です!

 

インスタも更新中です♡

 

mami

 

 

 

-心の健康, 心理学, 感情, 担当:mami

Copyright© 心と体のメンテナンスブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。