心の健康 心理学 感情 担当:mami

不安なときの【7つの反応パターン】と【やりがちな3つの行動】

更新日:

 

 

こんにちは!mamiです!

 

今回は

に引き続き

 

不安の反応パターンとやりがちな行動

についてお伝えしていきます!

 

 

不安の反応パターン

 

人は不安になったとき

どんな反応になるでしょうか?

 

不安の反応パターンは

主に7つあるとされています!

 

【不安の反応パターン】

①頭真っ白緊張型

②失敗恐れる慎重型

③チャレンジ回避あきらめ型

④ネガティブ妄想型

⑤自分後回し型

⑥ブチギレ「隠れ不安」型

⑦言い訳・謝罪の「隠れ不安」型

(出典:なんとなく不安がなくなる本/嵯峨慈子 より)

 

 

それぞれどんな反応パターンなのか

みていきましょう!

 

 

 

①頭真っ白緊張型

 

何かに対して不安を感じると

緊張が高まり

頭が真っ白になって

フリーズして固まってしまう

反応パターンのことです!

 

 

よくある分かりやすい反応パターンですね!

 

 

②失敗恐れる慎重型

 

何か新しいことや

やったことがないことに遭遇したときに

■「自分にできるかな?」

■「失敗したらどうしよう」

という不安が浮かび

恐怖心や緊張を感じる

反応パターンのことです!

 

失敗を恐れすぎるあまり

慎重になりすぎたり

萎縮してしまい

「実力が発揮できない」なんて

いうことにもなりかねません

 

 

③チャレンジ回避あきらめ型

 

②と同じように

何か新しいことや

やったことがないことに遭遇したときに

 

こちらの場合は

■「自分には無理だ」

■「上手くやる自信がない」

という不安が浮かび

チャレンジせずに回避したり

諦める反応パターンのことです!

 

劣等感や自己否定感が強くなり

諦めグセがついてしまいがちです

 

 

④ネガティブ妄想型

 

出来事に対して

ネガティブに捉えてしまい

頭の中でグルグルと妄想してしまう

反応パターンのことです!

 

よく見られるパターンとして

■「自分のせいではないか?」

■「自分が悪かったのでは?」

と自分責めをしがちです

 

気遣い上手の方に見られる傾向があり

不安が強いと相手に気を遣いすぎて

大きなストレスになります

 

 

⑤自分後回し型

 

相手との関係が壊れる恐れから

自分より相手を優先してしまう

反応パターンのことです!

 

こちらも気遣い上手の方に

見られる傾向があります

 

■頼まれたら断ることが苦手

■自分と違う意見でも相手の意見に同調しがち

■自分が我慢すればいいや

などにように

相手優先が自動化しています

 

 

⑥ブチギレ「隠れ不安」型

 

不安がゆえに

■怒る

■キレる

■相手を責める

■怒鳴る

■当たり散らす

などの

攻撃的になる反応パターンのことです!

 

自分の安心・安全を脅かされることへ

恐れや不安が生じ

自分を守る(自己防衛する)ために

安心・安全を脅かす相手に対して

攻撃的になっているということです

 

 

まさか怒っている人が

根底は「不安だから」なんて

誰も思いませんよね?

 

でもそうやって

なんとか自分を守ろうとしているのです

 

典型的な「隠れ不安」のパターンです

 

 

⑦言い訳・謝罪の「隠れ不安」型

 

自分を否定されることが怖く

「自分は悪くない」という理由を

暗に周りに示そうとする

反応パターンのことです!

 

こちらも⑥と同様に「隠れ不安」ですが

こちらの場合は

「言い訳」をして

自分を守ろうとするパターンです

 

 

反対に

 

自分を否定される前に

謝ってしまうパターンもあります!

 

 

どちらの場合も

「言い訳」だけのコミュニケーションや

「謝罪」だけのコミュニケーションを

取るクセがついてしまいがちです

 

 

 

出やすい反応パターンがある

 

これらの①~⑦の反応パターンは

どれか1つだけを持っているわけではなく

複数のパターンを経験します!

 

育った環境や経験によって

人によって出やすいパターンがあり

さらに

同じ人でもその場の雰囲気や体調によっても

出る反応パターンが異なるそうです!

 

 

自分の出やすい反応パターンを知ることで

自分が不安を感じていることを

自覚しやすくなります

 

不安を自覚することで

不安に対処するステップにも

つながっていきます!

 

 

不安なときにやりがちな行動

 

不安になったときの

反応パターンが分かったところで

今度はやりがちな行動について

お伝えしていきます!

 

不安なときにやりがちな行動は

大まかに3つあります!

 

【やりがちな行動】

A:やみくもに行動する

B:なかったことにする

C:膨らませる

(出典:感情の問題地図/関谷裕希 より)

 

 

それぞれみていきましょう!

 

 

A:やみくもに行動する

 

不安をなくそうと

やみくもに行動をすると

実は反対に

次から次へと新しい不安が出てきてしまい

不安との追いかけっこ状態になりがちです!

 

【例】

テスト勉強をしていて

1つ分からない問題があると

それに関連する問題も気になり

■「公式なんだったけ?」

■「計算方法はどうだったけ?」

と次から次へと参考書を

引っ張り出すことになります…

 

 

B:なかったことにする

 

本当は不安な気持ちがあるにも関わらず

不安を見ずになかったことにして

フタをしてしまう行動です

 

 

 

不安を放置すると

そのまま留まるわけではなく

消えることもなく

どんどんと不安が大きくなっていきます!

 

そのため不安を無視することで

より強い不安を感じることになります

 

 

 

C:膨らませる

 

小さな不安を自分の頭の中で

少しずつ大きな不安に

膨らませていくことです!

 

芋づる式に

あれもこれも…と不安となり

不安が大きく膨らんでいきがちです

 

 

反応パターン×やりがちな行動について

 

ここでは

不安になったときの

反応パターン

から

つながりやすい

やりがちな行動

ついて

私なりにお伝えします!

 

 

①頭真っ白緊張型

C:不安を膨らませ

A:やみくもに行動し

B:最終的に固まってなかったことにする

 

 

②失敗恐れる慎重型

C:「失敗したらどうしよう」という不安を膨らませ、不安・恐怖心・緊張が高まり慎重になりすぎてパフォーマンスが低下する

 

 

③チャレンジ回避あきらめ型

C:「自分には無理だ」という理由を膨らませる

B:回避することで不安もなかったことにする

 

 

④ネガティブ妄想型

C:不安やネガティブな妄想を膨らませる

 

 

⑤自分後回し型

A:相手を優先して行動する

B:自分の不安や気持ちはなかったことにする

 

 

⑥ブチギレ「隠れ不安」型

B:自分の不安はなかったことにする

A:やみくもに相手を攻撃する

 

 

⑦言い訳・謝罪の「隠れ不安」型

B:自分の不安はなかったことにする

A:やみくもに言い訳や謝罪をする

 

 

 

あなたはどの反応パターンから

やりがちな行動につながりやすいですか?

 

自分の不安の反応パターンと

やりがちな行動について

自覚してみましょう!

 

 

 

まとめ

 

今回は

不安なときの反応パターンと

やりがちな行動について

お伝えしました!

 

不安の反応パターンには

①頭真っ白緊張型

②失敗恐れる慎重型

③チャレンジ回避あきらめ型

④ネガティブ妄想型

⑤自分後回し型

⑥ブチギレ「隠れ不安」型

⑦言い訳・謝罪の「隠れ不安」型

がありました!

 

つぎに

やりがちな行動には

A:やみくもに行動する

B:なかったことにする

C:膨らませる

がありました!

 

 

自分がどのパターンに陥りやすいのか

自覚することで

不安に対処しやすくなりますので

まずは自覚していきましょう!

 

 

次回は

についてお伝えしていきます!

 

 

あなたが不安を自覚し

自分で対処しやすくなりますように♡

 

 

mami

 

 

【オススメ記事】

 

 

-心の健康, 心理学, 感情, 担当:mami

Copyright© 心と体のメンテナンスブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。