心の健康 心理学 感情 担当:mami

嫉妬しやすい人の9つの特徴!【嫉妬のメカニズム】

更新日:

 

こんにちは!mamiです!

 

今回も嫉妬シリーズです!

 

前回の

に引き続き

 

【嫉妬しやすい人の9つの特徴】

について深堀りし

嫉妬のメカニズムも理解していきましょう!

 

 

 

嫉妬する人の特徴

 

嫉妬する人には

どんな特徴があるのでしょうか?

 

 

【大まかな3つの特徴】

(1)自己肯定感が低い人

(2)比較癖が強い人

(3)依存的な人

 

 

さらにこれらを

それぞれ掘り下げていくと

 

 

 

(1)自己肯定感が低い人

①自己信頼感が低い

②自己受容感が低い

③自尊感情が低い

 

(2)比較癖が強い人

④勝ち負け主義

⑤優劣主義

⑥承認欲求が強い

 

(3)依存的な人

⑦課題の分離不足

⑧境界線が不明瞭

⑨適切な距離感を保つことができない

 

などが隠れていることがあります

 

 

これらの①~⑨の要素が

絡まり合った結果として

嫉妬スイッチが反応し

嫉妬という感情が出現していることが

考えられます

 

 

 

ちなみに私のイメージは

こんな感じです!

 

 

 

嫉妬という花が咲くには

まず浅い根の部分に

(1)自己肯定感が低い人

(2)比較癖が強い人

(3)依存的な人

という要素があり

 

さらに深い部分まで掘り下げていくと

それぞれ

①自己信頼感が低い

②自己受容感が低い

③自尊感情が低い

④勝ち負け主義

⑤優劣主義

⑥承認欲求が強い

⑦課題の分離不足

⑧境界線が不明瞭

⑨適切な距離感を保つことができない

 

が隠れていて

 

さらに掘り下げていくと

心の土台である

安心・安全/存在価値

などの要素が根底に隠れています!

 

嫉妬という感情が出るときは

①~⑨の要素を栄養にして

嫉妬という花が咲いている🌻

というイメージです!

 

 

さらにそれぞれの要素と

嫉妬のメカニズムについて

深掘りしていきましょう!

 

 

 

 

(1)自己肯定感が低い人

 

そもそも自己肯定感とは

6つの要素から構成されています

 

今回はその6つの要素の中でも

次の3つの要素にフォーカスしていきます

 

 

①自己信頼感が低い場合

 

自己信頼感が低いとは

自分を信じる力が低いということであり

自分を信じることが苦手になります

 

自分を信じることができない人が

他者のことを信じるということは

難易度が高いことです

 

【自己信頼感が低い】ということは

すなわち

【他者信頼感も低い】ということが考えられます

 

 

 

さらに自分を信じることが苦手なため

自分への自信を持ちにくくなります

 

 

その結果

漠然とした心配や不安に駆られたり

相手を疑うことへつながっていき

嫉妬スイッチが反応することが考えられます

 

 

 

②自己受容感が低い

 

自己受容とは

「私は私で大丈夫」という感覚であり

ありのままの自分を自分で認めることです

 

自己受容感が低い場合

ありのままの自分を認められていないため

人の目を気にしすぎる傾向や

自己否定や自分責めになりやすい傾向があります

 

 

 

そのため

 

■「自分はパートナーにふさわしくない…」

■「自分よりも違う人の方が良いのではないか…」

■「どうして自分なんかを選んでくれたのか…」

■「どうせ自分なんて…」

 

などのネガティブ思考が浮かび

一人で勝手に魔のネガティブループへ

突入していきがちです!笑

 

そうなってしまうと

嫉妬スイッチが反応することが考えられます

 

 

 

③自尊感情が低い

 

自尊感情とは

「自分には価値がある」という感覚であり

自分の存在価値に関わる部分です

 

存在価値とは

心の土台を構築要素の中でも

根幹であり土台になる重要な部分です!

 

 

あるデータによると

他の先進国の人と比較し

日本人は自尊感情が低いことが分かっています

 

 

 

その結果

 

■「自分には価値がない」(無価値観)

■「自分は大切にされる価値がない」

■「自分には評価される価値がない」

■「自分は無条件で愛される価値がない」

 

というような思考に陥りやすくなります

(潜在意識レベルのため自覚はしにくいものです)

 

 

さらにそんなネガティブ思考の

波及として

 

■「誰かに取られてしまうんじゃないか…」

■「嫌われたらどうしよう…」

■「見捨てられたらどうしよう…」

 

という不安や恐怖心に駆られ

心の安心・安全が保ちにくくなります

 

 

 

また自尊感情が低い場合

「自己承認」が低下し「他者承認」に依存しやすいため

⑥の承認欲求が強いという部分にもつながっていきます

 

 

これらの結果

嫉妬スイッチが反応することが考えられます

 

 

 

(2)比較癖が強い人

 

人が生きる上で

何かや誰かと比較するというのは

リスク管理や自己認識のために必要であり

通常装備のツールです

 

しかし比較が過剰になってしまうと

自分の首を絞めることになりかねません

 

 

④勝ち負け主義

 

自分と他者を比較し

勝ち負けにこだわりすぎると

常に他者と張り合いやすく

戦かったり攻撃する傾向があります

 

そのため

自分が他者に負けてしまった場合

その悔しさゆえに

嫉妬スイッチが反応することが考えられます

 

 

 

 

⑤優劣主義

ポジティブ言葉

 

自分と他者を比較し

常に優劣にこだわりすぎると

他者が自分よりも優れていた場合

劣等感を抱きやすくなります

 

そのため

自分よりも優れている人と比べ

他者を羨んだり落ち込むことで

嫉妬スイッチが反応することが考えられます

 

 

 

⑥承認欲求が強い

自分と他者を比較し

自分のことを認めて欲しいという

承認欲求が強すぎる場合

 

自分への関心を強く求めたり

他者に自分の欲求を満たしてもらおうと

他者承認に依存しがちです

 

すなわち

(3)依存的な人にもつながっていきます

 

 

これらの結果

自分以外の他者に関心が注がれた場合

嫉妬スイッチが反応することが考えられます

 

 

 

(3)依存的な人

 

他者に依存的な人の多くは

自分一人の時間を楽しむことができていません

 

 

このような人の特徴として

 

■夢中になれる趣味がない

■対象者以外の人間関係が乏しい

(友人が少ない/所属するコミュニティがない etc)

■受動的で流されやすく他責がち

 

などの傾向があり

特定の対象者に注ぐ関心の割合が

集中しやすい傾向があります

 

 

 

自分一人では

心の安心・安全を保つことが苦手であり

相手にも常に自分が注いでいる関心と

同じ熱量の関心を求めがちです

 

簡単に言えば

「独り占めしたい」というような

【独占欲】を抱きやすいということになります

 

 

 

⑦課題の分離不足

⑧境界線が不明瞭

⑨適切な距離感を保つことができない

 

これらの3つの項目は

特に相互作用があるため

まとめて解説していきます!

 

 

依存的な人の場合

⑦自分の課題と他者の課題の分離が出来ておらず

自分の課題に踏み込まれすぎたり

相手の課題に踏み込みすぎることがあります

 

さらに

⑧他者との境界線も不明瞭になりがちのため

自分の精神的パーソナルスペースを侵害されやすく

 

それゆえに

⑨他者との適切な距離感が保てず

自分と他者との距離感が近すぎる傾向があります

 

 

 

その結果

お互いの交友関係に深入りしすぎたり

相手をコントロールしようとし

嫉妬スイッチが反応することが考えられます

 

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

【嫉妬する人の9つの特徴】である

①~⑨の要素は相互的に作用し

嫉妬スイッチが反応することが考えられます!

 

 

あなたは①~⑨の特徴の中で

何個当てはまりましたか?

 

 

自分が反応しやすい要素を自覚し

嫉妬している自分を自分で認めることが

スタートです!

 

嫉妬の花が大輪にならないように

嫉妬の栄養素を小さくしていきましょう!

 

 

 

次回は

についてお伝えします!

 

 

 

あなたが嫉妬のメカニズムを知り

何が原因で嫉妬していたのかに気付き

今まで以上に自己理解が深まりますように!

 

 

クリックして応援してもらえたら

嬉しいです♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


メンタルヘルスランキング


ストレスランキング

参加中です!

 

インスタも更新中です♡

 

 

mami

 

 

-心の健康, 心理学, 感情, 担当:mami

Copyright© 心と体のメンテナンスブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。