心の健康 心理学 感情 担当:mami

怒りを感じたら6秒待つ方法【アンガーマネジメント】

更新日:

 

こんにちは!mamiです!

 

前回の

に引き続き

 

今回は

「怒りを6~10秒待つ方法」

についてお伝えします!

 

色々なアンガーマネジメントの方法を

実践してきた私が

やりやすかった方法や

より効果を感じた対処法を

お伝えします♪

 

怒りを6~10秒を待つ方法

少しおさらい!

 

「怒りのピークは6秒」

とされています!

 

そのため

6~10秒をやり過ごせれば

「怒りのピーク」

乗り切ることができます!

 

そこで今回は私が実際にやってきた

その場で簡単にできる対処法

①その場を立ち去る

②10秒ゆっくり数える

③深呼吸をする

④「怒ってもいいよ」と寄り添う

をご紹介します!

 

それぞれみていきましょう!

 

①その場を立ち去る

シンプルに

1度その場を離れて

物理的にも精神的にも距離を置く

という方法です!

 

自分がその場を離れることで

相手にも時間を与えることにつながります!

 

そうすれば

お互いに怒りのピークが収まったあとに

話し合いをすることが可能になります!

 

【例】

■トイレに行く

■水を飲みに行く

■違う部屋に行く

■手を洗いに行く

などは公私ともに使いやすく

オススメです☆

 

 

②10秒ゆっくり数える

出来れば目を閉じてから

声に出して or 心の中で

「いーち」

「にーい」

「さーん」

とゆっくり10秒を数える方法です!

 

 

イメージとしては

怒りの沸点が1秒のカウント事に

1メモリずつ下がっていく感じです♪

 

こちらも

簡単にできるのでオススメです☆

 

 

③深呼吸をする

鼻から息を4秒吸って

口から息を8秒吐き出す方法です!

 

これを2~3回繰り返します!

 

 

深呼吸には

リラックス効果があるので

副交感神経が優位になり

怒りが収まっていきます♪

 

 

④「怒ってもいいよ」と寄り添う

怒りの感情を感じたら

①「怒ってもいいよ~」

②「怒りも大切な感情だよね~」

③「この怒りは何を教えてくれてる~?」

と怒りの感情に寄り添うことが

オススメです☆

 

 

なぜなら

怒りを無理に押し殺したり

無かったことにしてしまうと

怒りの感情は

あなたに怒りの感情に気付かせようと

より大きな怒りの感情にして

教えてくれるからです!

 

より大きな怒りになると

衝動的にキレるリスクも

より高まってしまいます!

 

そのため

怒りの感情を押し殺すよりも

怒りの感情に共感することが

オススメです♡

 

 

また

人は【怒り】の感情を感じると

■怒り=悪い感情

■怒ってはいけない

■感情的になることは恥ずかしいこと

というように思い込んでしまいがちです

 

そもそも怒りの感情も

大切な感情の一つですし

怒りの感情があることは自然なことです♡

 

 

怒りの感情を悪者にせず

■どんなサインを送ってきているのか?

■何に自分が反応しているのか?

に向き合うチャンスにしてみてください♡

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は

「怒りを6~10秒待つ方法」

についてお伝えしました!

 

 

今回はご紹介した対処法は

①その場を立ち去る

②10秒ゆっくり数える

③深呼吸をする

④「怒ってもいいよ」と寄り添う

でした!

 

どの方法もその場で簡単に

できるものばかりなので

オススメです☆

 

 

今回ご紹介した方法は

あくまで「対処法」なので

怒りを感じたその場をやり過ごす方法だと

思ってもらえたら嬉しいです♡

 

 

基本的には

内観して怒りの感情の根底を

解決していくことを

私は大切にしています!

 

内観する方法は

長期的な改善方法になりますので

今回はその場をやり過ごす「対処法」を

ご紹介させていただきました!

 

 

①短期的な対処法

②長期的な改善方法

 

の両方を組み合わせて

怒りの感情と向き合うことが

オススメです☆

 

少しでも参考になれば

嬉しいです♡

 

 

あなたが怒りと

付き合いやすくなりますように!

 

 

参考図書

■怒らない伝え方

 

■感情の問題地図

 

 

クリックして応援してもらえたら

嬉しいです♡

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村


メンタルヘルスランキング


ストレスランキング

参加中です!

 

インスタも更新中です♡

 

mami

 

-心の健康, 心理学, 感情, 担当:mami

Copyright© 心と体のメンテナンスブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。