心の健康 心理学 担当:taka 自律神経

人間関係はストレスの最大原因!?【うまくいかない、苦手な人の解決方法】

投稿日:

こんにちは!Takaです!

 

日々生活しているなかでストレスを

感じることってありませんか?

 

私はあります

 

仕事上、必ず人と関わるので

会話の中から不快な気持ちになったり

毎日の運転で

体に疲労(ストレス)がかかったりと

少なからずストレスを感じることがあります

 

皆さんは

■「あぁ、今日仕事(学校)に行きたくないな」

■「今日はあの人と関わりたくないな」

■「上司に理不尽なこと言われてイライラする」

■「あの人とは何か話が合わないな」

など、思ったことはありませんか?

 

 

このように感じた場合、

心身にストレスが

かかっている可能性があります

 

人が感じるストレスの中でも

「人間関係」が占める割合は多く、

ストレス全体の

80~90%とも言われています

 

ストレスは体に良くないとは

よく聞きますが、

そもそも人間関係のどういった部分が

ストレスになっているのか

気が付いてない人も多いように思います

 

そこで

今回は「人間関係」ついて

お伝えしようと思います

 

 

「人間関係で疲れている」

「うまくいっていない」

そう感じている方に向けて

原因・解決ポイントをお伝えしていきます

 

それではいきましょう!

 

1.人間関係に疲れてしまう人の特徴

 

人間関係に疲れてしまう人には

いくつかの特徴があります

 

大きく分けて

①気疲れをしてしまうパターン

②価値観のすれ違いパターン

に分けられます

 

まずは、特徴を知ることで

自分が当てはまっているか

確認してみてください

 

①気疲れをしてしまうパターン

・自己主張をしない(できない)人、我慢する人

 

これは言い方を変えると

相手に合わせてしまう人のことを言います

 

■「本当はこうしたいけど、場の空気を壊したくないからこれでいいか」

■「無理なお願いされたけど、申し訳なくて断れないよ…」

など

自己主張をしない(できない)人や

我慢する人は

基本的に相手のペースになってしまい

気疲れをしていることがあります

 

これは、ある意味では

優しい人とも言えるのかもしれませんね

 

自己主張しない(できない)人、

我慢する人は

「子供のころの家庭環境」や

「今までの生活環境」が

関係していることが多いです

 

・まわりの視線や反応が気になる人

 

人間関係で疲れてしまう人は、

■「あの人からどう思われているかな」

■「嫌われていないかな」

など、

まわりの視線や反応を過剰に気にしすぎて

神経をすり減らしている傾向があります

 

↓まわりの視線が気になる人は

是非こちらも参考にしてみてください↓

人の目が気になる人へ【人の目から卒業する方法】【過干渉な親や毒親の場合】

 

②価値観のすれ違いパターン

人間関係のすれ違いは

価値観のすれ違いが原因になることも

多いです

 

 

例えば

仕事でミーティングをする際に

あなたがリーダーとします

 

話し合いをまとめるため

会話を引っ張っていたときに

 

■「この人頼りになるな」と思われるか

■「すごい自己中心的だな」と思われるかは

 

相手の価値観によっても変わる

ということです

 

自分としては

一生懸命頑張ってやっているのに

それを受け入れてもらえなかったり

否定されたりすると悲しいものですよね

 

自分の中で

「価値観は人それぞれで違うから

そういう意見もあるよね」

割り切れている場合はいいのですが

そうでない場合は

ストレスに感じてしまうことになります

 

 

 

このように、

自己主張ができなかったり

他人に気を遣いすぎたり

価値観がすれ違う

場合は、

人間関係にストレスを感じやすくなります

 

 

2.ストレスを感じると体にも症状が出てくる!?

 

人間関係に限らずストレスを感じると

■「なんだか体が重いな」

■「あたまが痛いな」

と思うことはありませんか?

 

実は、「心」と「体」は

密接に関係しており

ストレスによって心が疲れてしまうと

体にも症状として現れます

 

 

自律神経失調症なども

「心」と「体」のバランスの崩れに

よっておきています

 

 

ストレスを感じ、

このバランスが崩れてしまうと

下記のように

「体の症状」「心の症状」が現れます

 

 

①体の症状

・疲労感、倦怠感

・睡眠障害

・食欲不振

・肩こり、頭痛などの痛み

 

 

②心の症状

・不安感や憂鬱感

・イライラ感

・何もしたくないなどの無気力

 

このような症状が出る前に

できる限りストレスを

減らすようにしましょう!!

 

 

3.「人間関係に疲れてしまう人」への解決ポイント

 

ここまでは

人間関係に疲れてしまう「原因」と

それがもたらす「症状」を

お伝えしてきましたが、

 

じゃあどうすればいいのよ!と

気になる方へ

解決策をお伝えします!

 

①気疲れしてしまうパターン

 

■「自己主張ができない、我慢してしまう」

■「周りの視線や反応が気になってしまう」

という人は

自分の考え方、捉え方を変えることが

大切です!

 

 

そうすることで

ストレスをコントロールすることができ

心に余裕をもつことができます

以下の4つを意識してみてください

 

・自分の弱い部分を認めてあげる

自己主張ができなかったり

周りの反応が気になるのは

自分に自信が持ていない事が関係してきます

 

自信がないと

■「怒られたり否定されたりしないかな」

■「みんなに笑われないかな」

など不安な気持ちになりますよね

 

逆に自信がある人は

格好よく見え、憧れたりします

 

 

 

自分に自信を持つには

まず自分の弱さを知り

それも含めて自分なのだと

認めてあげることが大切です!

 

世の中完璧な人なんていませんからね

 

コンプレックスだと思っている短所も

見方によっては長所にもなります

 

↓自信を持つ方法については

こちらをご参照してみたください↓

自信が持てない人へ【自信を持つ方法】

 

・自分がどうしたいかを基準に考える

まわりの視線や反応を気にしてしまうと

自分がどうしたいかよりも

相手にどう思われるかを

一番に気にしてしまいますよね

 

相手基準になると

自分の感情を抑えることにもなるので

ストレスを感じてしまいます

 

自分の気持ちに素直になり

「自分がどうしたいのか」を軸に

考えてみてください

 

あなたが思っているほど

相手はあなたの事はみていないものです

 

まずは

自分のことを理解してくれている人

(家族や仲のいい友人など)がいる環境で

■「私は焼き肉が食べたい」とか

■「私はここに行きたい」など

自分の意志を伝えてみてください

 

・全員の人から好かれるのは無理難題と受け入れる

全ての人から100%好かれるということは

ありえません

 

凄く人気な俳優さんや芸人さんがいても

世の中の全員が好きとは限りませんよね

 

好き、嫌いは人によって

受け取り方が違いますし

努力でどうにかなる問題ではありません

 

全員から好かれるのは

無理難題なのだと受け入れ

自分のことを理解してくれている人が

いればいいと

割り切ってみることが大切です

 

・適度な距離感を持ちつつ接するようにする

自分の考え方や捉え方は変えられても

人のことを変えるのは難しいです

 

そのため

相手との関係性にストレスを感じてきたら

一定の距離を置くことも大切です

 

一度距離を置いてみて

心にゆとりを持つようにしてください

 

 

②価値観のすれ違いパターン

・価値観の違いを受け入れる

100人の人がいれば

100通りの考え方があります

 

「体調が悪くても仕事というのは行くものだ」

と考える人がいれば

 

「体調が悪いならうつす可能性があるから休んだほうがいい」

と考える人もいます

 

このように人によって

考え方や捉え方が変わるので

一人ひとり違う考え方、

価値観があるのだと理解することが

大切です!

 

人間関係でストレスを抱えている人は

価値観のすれ違いからくることが多いです

 

まず自分の価値観は何かを知り

その上で相手の価値観が何なのかを

考えてみる

 

そして

その価値観の違いは許容範囲なのか

それとも違うのかを考えてみてください

 

価値観の違いが

自分の許容範囲からかけ離れているならば

無理して付き合う必要はありません

 

その相手と距離を置くことも大切です

 

ここまで

①気疲れしてしまうパターン

②価値観のすれ違いパターン

それぞれについて解決ポイントを

説明しましたが

 

まず何よりも重要なのが

「自分の心を満たしてあげる」

ということです

 

自分に余裕がないと

自分を守るために周りとの調和がとれず

衝突してしまいますからね

 

まずは心に余裕をもつことを

意識してみてください

 

自分の考え方や価値観を変えるのには

時間がかかることもあります

 

また

自分が変わろうとしているときに

揚げ足を取ってくる人もいます

 

その際は、遠慮なくその場を離れ

自分らしくいられる場所で

心をやすめてください

 

無理なく進めていくことが大切です

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「人間関係」についてお伝えしました

 

人生の悩みや苦悩の80~90%が

「人間関係」と言われています

 

人間関係に疲れてしまう人の特徴として

①気疲れをしてしまうパターン

・自己主張をしない(できない)人、我慢する人

=相手に合わせてしまう人

・まわりの視線や反応が気になる人

②価値観のすれ違いパターン

があり

こういう特徴のある方は

ストレスを感じやすいです

 

また、人がストレスを感じると

①体の症状

・疲労感、倦怠感

・睡眠障害

・食欲不振

・肩こり、頭痛などの痛み

②心の症状

・不安感や憂鬱感

・イライラ感

・何もしたくないなどの無気力

などの症状が現れるため

出来る限りストレスを減らすことが

大切になってきます

 

人間関係に疲れてしまう人の

解決方法としては

①気疲れをしてしまうパターンでは

・自分の弱い部分を認めてあげる

・自分がどうしたいかを基準に考える

・全員の人から好かれるのは無理難題と受け入れる

・適度な距離感を持ちつつ接するようにする

 

②価値観のすれ違いパターンでは

・価値観の違いを受け入れる

でしたね

 

そして何よりも重要なのが

「自分の心を満たしてあげる」

ということです

 

自分に余裕がないと良い考えも

思い浮かばないですからね

 

まずは心に余裕をもつことに

重点をおいてください

 

人間関係の悩みが少しでも減れば

今まで以上に過ごしやすくなると思います

 

無理せず、できる範囲で

「自分の考え方、捉え方を変えてみる」

「価値観の違いを受け入れる」

ことにチャレンジしてみてください!

 

今日も最後まで読んでくださって

ありがとうございました♪

 

これからもより幸せな

人生を送っていきましょう!

 

ブログランキングに参加中です!

応援クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村


ストレスランキング

 

Taka

-心の健康, 心理学, 担当:taka, 自律神経

Copyright© 心と体のメンテナンスブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。