内観ワーク 心の健康 心理学 担当:mami

「自分の好きなこと・やりたいことが分からない…」人のパターンと特徴

更新日:

 

 

こんにちは!mamiです!

 

 

突然ですが質問です!

 

①あなたの好きなものは何ですか?

②あなたのやりたいことは何ですか?

③あなたは今どんな気持ちですか?

④あなたの欲しいものや望みは何ですか?

 

あなたはこの4つの質問に

パッと答えることはできましたか?

 

 

 

実は全ての質問に

パッと具体的に答えられる方は

少なかったりします

 

 

そこで今回は

「自分の好きなこと・やりたいことが分からない…」人のパターンと特徴

についてお伝えしていきます!

 

自分が分からない人が多発!

社会人になってから思うのですが

①自分の好きなものが分からない

②自分のやりたいことが分からない

③自分の気持ちが分からない

④自分の望みが分からない

という人が多いように感じます

 

 

この①~④が分からないため

物事において自分で決断ができず

■私はどうしたらいいですか?

■自分は間違っていますか?

■自分はどうするべきですか?

と自分で決めることを人に相談したり

人を変えてたくさんのアドバイスを

求める人がいらっしゃいます

 

アドバイスを求めること自体は

良いことかと思います!

 

ですが

どんなにアドバイスをもらっても

自分の意思や気持ちが分からないため

いつまでたっても決断ができず

アドバイスを集め続ける傾向があります!

 

すると今度は集めたアドバイスが多すぎて

自分では処理しきれなくなりがちです

 

 

 

その他にも

■人の目を気にしすぎてしまう

■空気を読みすぎてしまう

■人の気持ちを優先してしまう

■人のためにいい子でいようとしてしまう

■人に嫌われないように我慢してしまう

■人の期待に応えようとしてしまう

■人に合わせすぎてしまう

などのように

人のためばかりに頑張りすぎたり

我慢しすぎる人も多いかと思います

 

 

あなたは心当たりがありませんか?

 

 

心の不感症とは

一見

■頑張りすぎる人

■我慢しすぎる人

って違うように見えますが

 

この2つのパターンって

つながっていたりします!

 

 

自分の気持ちを無視して

人のため

頑張りすぎたり

我慢しすぎることで

自分の気持ちを感じる心の感度が

鈍感になっていきます

 

 

言わば

「心の不感症」です♡

 

 

すると自分で自分の気持ちを

細かく感じることが

できなくなっていしまい

他人軸の生き方に翻弄されがちです

 

 

そんなことを

長年にわたり続けていると

最後には

自分の心の感度が麻痺してしまいます

 

すると先ほどお伝えした

①自分の好きなものが分からない

②自分のやりたいことが分からない

③自分の気持ちが分からない

④自分の望みが分からない

という状況になってしまうのです

 

 

これって

成長過程とともに

無意識に少しずつ蓄積されていくため

自分では気づきにくい傾向があります!

 

また長年のパターンを変えるには

時間と労力が必要のため

挫折してしまう傾向があります!

 

 

それが故に

抜け出しにくかったりします!

 

 

ちなみに過去の私もそうでした!笑

 

 

自分が分からない人の根源を辿る

人のために頑張りすぎたり

我慢しすぎてしまう人の根源を

辿っていくと

親子関係にいきつきます!

 

 

 

多くの場合

人間関係の土台は母子関係によって

構築されていきます!

 

そのため

「人のため」のスタートは

「親のため」だったりします!

 

 

 

幼少期に育つ過程で

親【特にお母さん】との間で

してきたことや感じていたことを

他人にも投影されていきます

 

1人の人間を形成する上で

親子関係とは

大きな影響を与える要因です!

 

 

もしも

①自分の好きなものが分からない

②自分のやりたいことが分からない

③自分の気持ちが分からない

④自分の望みが分からない

という状態になっていらっしゃるのであれば

あなたの幼少期の親子関係を思い出して

書き出してみるのがオススメです☆

 

 

こんな一説があります

一説によると

子供は親(特にお母さん)や

家族、周りの人を幸せにするために

自分で親や兄妹を選んで生まれてくる

と言われています

 

 

そのため

お母さんを幸せにしようと

お母さんを喜ばせようと

お母さんを笑顔にしようと

お母さんの期待に応えようと

子供はあの手この手を使って

無意識に頑張ったり

我慢しすぎてしまうんですね

 

とっても健気ですよね♡

 

 

人間の子供は生まれてから

自分1人では生きていけないため

親を信頼して命を預けています

 

それは親に食事に毒をもられようが

笑顔で食べてしまうほどの

絶大なる信頼です!

 

 

そのため

子供って親に何をされようが

究極は愛されたいんですよね

 

実はDVや虐待にあっていても

親をかばってしまう子供さんは

多いものです

 

 

そんな幼少期のパターンがあることに

大人になっても気が付かずにいると

他人に対して同じパターンを

発揮してしまい

人間関係が苦しくなってしまいます

 

 

特徴

 

①~④が分からない人には

ある特徴があります!

 

それは

常に自分から人に

意識の矢印が向いていること

です!

 

 

①自分【→】人

 

この一方向しか矢印は機能しておらず

自分の内側にある気持ちは

まるで無視している状態なんです

 

他者中心になっている状態ですね

 

さらに全体的に捉えて

矢印を注意深く見てみると

他者への【→】が太く強いため

他者が優先的です!

 

自分自身への【↓】はとても細く

【自分】と【自分自身】が

離れてしまっています

 

 

これでは自分の内側にある

自分の気持ちには

気付きにくくなってしまいますよね!

 

なので自分から自分の内側へ

意識の矢印を向けていくことが

大切です♡

 

 

②自分の内側【⇐】自分【→】人

 

内観をして

自分の内側に意識を向けるようになると

【↓】が太く成長していきます!

 

少しずつでOKなので

まずは意識的に

自分の内側に矢印【↓】を向ける機会を

作ることが大切です♡

 

 

それは決して

自分の気持ちだけを優先して

■自分勝手

■わがまま

■傲慢

になればいいということではありません!

 

人の意見や希望を聞いた上で

自分の気持ちを再確認する

ということです!

 

 

大切な問いかけ

ここでオススメなのが

【結局、

自分はどうしたいの?】

という問いかけです

 

 

【例】

例えば

人から何か言われたり

「△△して欲しい」と求められた場合

 

■相手は「△△してほしい」

と言っている

(一旦、受けとめる)

■「でも私は○○したい!」

(自分の気持ちを確認する)

その上で

【結局、自分はどうしたいの?】

と問いかける

■「いま私は○○したい!」

結論:相手には断ろう!

 

などのように

 

相手の気持ちと

自分の気持ちを確認した上で

「自分はどうしたいのか?」

を再確認することは大切です!

 

 

イメージとしては

■相手の意見

■自分の意見

を両方を出して並べてみて

 

その上で

【結局、自分はどうしたいの?】

と再確認する感じです!

 

 

 

こんな風に説明をすると

自分がやりたいように

自分で決めればいいじゃん!

と思う方もいるかもしれません

 

 

ですが長年のあいだ

人のために頑張りすぎたり

我慢しすぎてきた人は

 

人の意見を提示されたり

人から「○○してほしい」と

求めるられると

そうは思えないものです!

 

 

多くの人は

■嫌だけどそうしなければならない!

■相手の希望に応えなきゃ!!

■自分の意見をいうのはわがままだ!

などのように反射的に思ってしまうんです

 

そのパターンが

無意識レベルで自動化しているためです!

 

 

 

その思考癖や心の不感症から

抜け出すためには

自分で自分の内側に

意識の矢印を向ける練習が

大切です♡

 

 

これは反復練習ですね♪

 

 

■自分の意見を言ってもいい

■人の希望に必ず応えなくてもいい

■人の為だけに頑張らなくていい

という体験を繰り返していくと

 

自分の気持ちに沿った

意見や行動することに

【罪悪感】を持たなくなっていきます!

 

 

最初は慣れないので

苦しかったり

ソワソワするかもしれませんが

大丈夫です!

 

自分の人生を歩み始めた

証拠です!!

 

 

内観ワーク

ここで簡単な内観ワークを1つ!

 

■私は自分の気持ちを大切にしていい

■私は自分の意見を言ってもいい

■私は人の目を気にしなくていい

■私は空気を読まなくていい

■私は人から嫌われてもいい

■私は人の期待に応えなくていい

■私は人の為に我慢しなくていい

■私は罪悪感を感じなくていい

■それでも私には価値があります

■私は自分の人生を生きます

 

声に出して言ってみてください!

 

 

 

もしかしたら

どこかの1フレーズや言葉に

心が反応するかもしれません

 

それがあなたの抑圧してきたものです!

 

 

言葉には思考を変える力があります☆彡

 

そのなかでも

【自分の言葉を自分の耳で聞く】

ということが一番影響があると

言われています!

 

 

自分で自分に

■頑張りすぎてきたこと

■我慢してきたこと

などを辞める許可を

してあげてください♡

 

 

繰り返し許可をすると

脳が少しずつ変わり始めます♪

 

 

さいごに

いかがだったでしょうか?

 

今回は

「自分の好きなこと・やりたいことが分からない…」人のパターンと特徴

についてお伝えしました!

 

 

そろそろいい子を卒業しませんか?

 

あなたは今まで十分

頑張って人のために生きてきました!

 

長年にわたりお疲れ様でした♪

 

 

 

今日からは

あなたの人生を生きていきましょう!

 

 

あなたが自分に意識の矢印を向け

自分の気持ちを大切して

あなたの人生を生きられることを

私は応援しています!!

 

 

 

今日も最後まで

ありがとうございました♡

 

ブログランキングに参加中です!

「役に立った!」

「なるほど~!」と感じたら

応援クリックをお願いします♡

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村


ストレスランキング

 

インスタも更新中です♡

 

mami

 

 

-内観ワーク, 心の健康, 心理学, 担当:mami

Copyright© 心と体のメンテナンスブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。