体の健康 内観ワーク 心の健康 心理学 担当:mami 自律神経 運動

ストレスを発散したい!【自然治癒力を促すストレス発散方法】

投稿日:

こんばんわ!mamiです!

 

 

あなたは

ストレスを感じたとき

どうされていますか?

 

 

ストレスを感じる閾値や頻度は

人のよって異なるかと思いますが

定期的にストレスを発散することは

大切ですよね!

 

分かってはいるけど

苦手な方も多いかと思います!

 

 

 

私自身ストレスを発散するのが

とても苦手でした!笑

 

ストレスを上手く消化できないので

ストレスを溜め込んで

よく体調不良になっていました!

 

なので昔は

■眠れない

■肌あれ

■めまい

■動悸

■頭痛

■生理痛がひどくなる

■イライラする

■不安

などのあらゆる症状がでていました!笑

 

 

そんなストレスまみれだった私ですが

自然治癒力を意識することで

随分とストレスを発散できるように

なりました♡

 

 

そこで今回は

自然治癒力的に

ストレスを発散する方法について

お伝えしていきます!

 

人に備わっている「自然治癒力」

人の体には

多少のストレスがかかっても

自然に回復できるように

「自然治癒力」というものが

備わっています

 

 

普段から「自然治癒力」

発揮できていれば

日々のストレスに晒されても

自分を守ることができます!

 

 

「自然治癒力」を発揮するための条件

この「自然治癒力」を

発揮するためには

3つの条件があります!

 

「自然治癒力」を発揮するための条件

①運動

②睡眠

③休息

 

この3つがバランス良く

十分に取れていることです!

 

シンプルですよね☆笑

 

 

 

いまあなたは

①適度な運動はしていますか?

②平均7時間の睡眠が取れていますか?

③ゆっくり休息をしていますか?

 

日頃の生活を振り返ってみてください♪

 

 

自然治癒力を促すストレス発散方法

今回は自然治癒力を促す

最もベーシックな

ストレス発散する方法を

ご紹介します!

 

基本的には

「自然治癒力の発揮条件」である

①運動

②睡眠

③休息

が土台になります!

 

 

①運動

運動には脳を活性化し

ストレス耐性を高め

さらにはうつ病などの状態からの

回復を助ける働きがあると

言われています!

 

 

運動は

■無酸素運動

■有酸素運動

の2つに大きく分けられます

 

両方を取り入れることが

オススメです☆

 

 

無酸素運動

無酸素運動とは

短距離や筋力トレーニングなどが

あげられます

 

 

下半身のお尻の筋肉や太ももの筋肉は

全身の約50%を占める大きな筋肉です

 

大きな筋肉を鍛えることで

健康度が向上し

将来の寝たきり状態の予防にも

繋がっていきます!

 

 

これらの大きな筋肉の筋肉量が多い人は

実年齢よりも10歳若く見られたり

代謝があがりやすいため

ダイエットにも有効です!!

 

私の場合は

スクワットを1日50回ずつ

やっていました!

 

時間帯などにはこだわらずに

隙間時間でやるように

していました!

 

 

有酸素運動

有酸素運動には

ウォーキング、ランニング、

水泳、エアロビクスなどがあります

 

 

有酸素運動は

■セロトニン

■ドーパミン

■ノルアドレナリン

という脳内物質の放出を調整します

 

そのため

うつ病に対する有効な治療法として

認められています!

 

 

主な方法としては

■1回1時間以上の有酸素運動

■週2回以上

することが推奨されています

 

 

私の場合は

40~60分程度の

ウォーキングを

週2-3回やっていました!

 

音楽を聴きながら歩いて

ストレスを発散していました♪

 

 

 

さらに

30分以上の有酸素運動をすると

成長ホルモンが分泌され

体の健康が維持されます!

 

成長ホルモンの働きは

■細胞を活性を高める

■新陳代謝を活発にする

■筋肉をつくる

■骨を丈夫にする

■疲労回復の効果

などがあげられます!

 

 

ですが

成長ホルモンは25歳前後でピーク時の

10分の1程度まで減少する

と言われています

 

減少してしまう成長ホルモンを

分泌させる方法が

「運動」「睡眠」なのです!

 

 

特に「睡眠中」に多く分泌されます!

 

運動不足は睡眠の質を

妨げることも分かっています

 

 

そのため「運動」をして

質のよい「睡眠」をとり

心も体もリフレッシュしましょう!

 

 

②睡眠

メンタル疾患で

最も多く見られる症状は

「睡眠障害」と言われています

 

反対に

しっかりと質の良い睡眠が取れていれば

うつ病にはなりにくく予防にもつながる

と言われています

 

 

「睡眠不足」によって

ストレスは増加します!

 

さらに「睡眠不足」により

心筋梗塞や脳卒中のによる

死亡リスクを高めることが

研究から分かっています

 

 

睡眠不足は命を削ります

 

 

身体と心の健康には

6~8時間の質の良い睡眠が必要です!

 

たっぷり睡眠をとり

心と体をいたわり大切にしましょう!

 

ここで質問です!

 

あなたは

①よく眠れていますか?

②寝つきは良いですか?

③一日何時間寝ていますか?

④朝の目覚めはスッキリしていますか?

 

もしもあなたが

■睡眠が浅い

■寝つきが悪い

■睡眠不足(5時間以下)

■朝起きるのがつらい

と感じている場合は要注意です!

 

 

睡眠の質が低い可能性があります!

 

 

 

私の場合は

夕食が終わったら部屋の電気を

間接照明に変えて

光の強さを調整して

過ごすようにしていました!

 

あとは寝る2時間前に

お風呂に入って体温を上昇させ

涼んで体温が下がってくる頃に

ベッドに入るようにしていました!

 

ちょっとした工夫で

眠りやすくなります♪

 

 

③表現する

ストレスを感じた時には

我慢をせずに「表現」をすることが

ポイントです!

 

表現することは

メンタルケアにつながります♪

 

例えばいま感じている

■怒り

■痛み

■苦しみ

■モヤモヤ

■不快感

を表現するだけでも

ストレスは軽減することが

分かっています!

 

 

誰かに話すことも表現する方法ですが

これは相手がいなければできない方法です

 

 

言葉で表現するのと同じかそれ以上の

「癒し」の効果があると

期待されているのが

紙にペンで【書き出す方法】です!

 

■20分の筆記エクササイズ

■日記を書く(日記療法)

■ポジティブ日記

などがあります

 

日記療法は

不安障害やうつ病、アルコール依存症の

治療にもよく用いられるものです

 

 

文章に自分の行動や感情を書き出すことで

可視化することができます

 

自分の行動や感情を

客観的に捉えることができ

自分と対話することに繋がるのです

 

 

書き出すことで

2つの「癒し」が得られます♪

 

①自己対話による

自分への理解や内観による「癒し」

 

②書き出すことによる表現の「癒し」

 

これらの「癒し」が得られ

ストレスが発散されると言われています!

 

 

私の場合は

日常の中で不快感を感じたときに

①感情をただ書き出す

②なぜそう思ったのか

③次からはどうするか

などについてその都度

ノートに書き出していました!

 

 

不思議なほどに

スーっと消えていくので

本当にオススメです☆

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今回は

自然治癒力的な

ストレスの発散方法

についてお伝えしました!

 

 

 

基本的な方法として

①運動する

②睡眠をとる

③表現する

がオススメです☆

 

いずれの方法も

簡単かつ一人でも

行うことができる方法です!

 

 

まずはベーシックな

ストレスの発散する方法を

取り入れて見てください!

 

「自然治癒力」を発揮し

ストレスから自分の心と体を

守ってあげてください♡

 

 

私も実践し大好きな方法です!

ぜひ試してみてください!

 

 

 

今日も最後まで

ありがとうございました♡

 

ブログランキングに参加中です!

いつも応援クリックありがとうございます♡

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村


ストレスランキング

 

インスタも更新中です♡

 

mami

 

 

-体の健康, 内観ワーク, 心の健康, 心理学, 担当:mami, 自律神経, 運動

Copyright© 心と体のメンテナンスブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。